ベビーシッターって、実は意外と稼げるんです。


by 9w7wxw9sh6

新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は1月27日、インフルエンザ治療薬ラピアクタ点滴用を発売した。中外製薬のタミフル、グラクソ・スミスクラインのリレンザに続く第三の治療薬となる。作用メカニズムは既存品と同様だが、1回の投与で十分な効果が臨床試験で示されているのが特長だ。3月末までに約70万人分を確保できる見込みという。

 塩野義製薬が米国バイオクリスト社から導入し、国内で開発した。厚生労働省から優先審査品目に指定され、昨年10月末の申請から約2か月半後の1月13日にスピード承認され、その9日後の22日に保険適用となった。

 成人の患者には1回投与、合併症などにより重症化の恐れがある患者には1回または複数回投与する。小児への適応についても既に臨床試験を終了しており、年度内に小児用量の追加申請を行う予定。

 薬価は、ラピアクタ点滴用バイアル150が3117円、同バッグ300が5792円。売り上げ見込みは今年度が9.9億円(予測投与患者数10.8万人)、ピークの10年度が40.6億円(67.4万人)。

 発売後の一定期間は、塩野義製薬が使用症例の全数を把握し、使用実態や安全性に関する情報の収集・提供を行う。


【関連記事】
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載
タミフル、患者の2割が「飲み残し」
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬
新規インフル治療薬が開発最終段階に―富山化学工業
中外製薬、タミフル1200万人分を供給へ

石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)
<訃報>神永房子さん86歳=神永晋・住友精密工業社長の母(毎日新聞)
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か(産経新聞)
<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)
[PR]
by 9w7wxw9sh6 | 2010-02-01 21:19