ベビーシッターって、実は意外と稼げるんです。


by 9w7wxw9sh6

カテゴリ:未分類( 63 )

 民主党が7月の参院選に比例代表の新人候補として擁立する元プロレスラー・前田日明氏(50)が16日の党大会に姿を見せた。小沢幹事長については「門外漢だから」と言葉を選んだほか、ガールズやチルドレンらも一様に口をチャック。剛腕男の変わらぬ支配力を示す形となった。

 日比谷公会堂の3階席から、前田氏は壇上の小沢幹事長を見ていた。党大会では新人の公認候補をステージで紹介するのが通例だが、調整が難航して急きょ中止が決まった。

 オブザーバーとして出席した元カリスマプロレスラーの口は、意外にも重かった。小沢氏について「門外漢だからね。まだバッジを着けられるかどうかも分からないわけだから」と前置きした上で「両方(検察側と小沢氏側)の話を聞いてみないと。まだ報道だけ。マスコミがどれだけいいかげんかは、よく分かってるから」と慎重に言葉を選んだ。

 数日前に「発言には配慮するように」という事実上の「かん口令」が敷かれた現役議員も、態度は同じだった。小沢ガールズの筆頭格・福田衣里子氏は「事実関係が分かりませんので。何かを言える立場にありません」と言ったきり、追いすがる報道陣を完全に無視。同じ新人の横粂勝仁氏は、元弁護士の立場から「(今回の)逮捕の必要性には、疑問をぬぐえないものがある」と語った。

 今夏の選挙に影響があることは必至の参院議員からも「小沢NO」の声は出なかった。森裕子氏は「これは官僚機構である検察と国民の代表である民主党の全面戦争だ」と共闘を宣言し「(小沢氏の時が)一番拍手が大きかったのではないか」とまで持ち上げる始末。姫井由美子氏は「今の段階で語れることに関しては語ってくれたと信じたい」とし、持ち前の奔放なキャラを封印した。

 土地資金問題が発覚した直後の元日も、私邸で開かれた新年会には過去最多の166人の議員が「小沢詣で」した。党内には「真相が分からないから静かにしている面もある」との声もあるが、逆境で迎えたはずの党大会は表面上、剛腕男の党内支配力を見せつける舞台と化して幕を閉じた。

 【関連記事】
若い男が小沢幹事長に罵声「辞職しろ!山形帰れ!」
橋下知事「党の政治判断」と小沢幹事長の続投発言分析
小沢幹事長「職責を全力で果たしていく」続投表明
小沢氏が鳩山首相と会談、進退など協議か

未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
<訃報>清水勇さん84歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)
[PR]
by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-21 18:25
 民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐって、東京地検特捜部は小沢氏の個人事務所などを家宅捜索した。「法に触れることはしていない」という小沢氏と執拗に捜査を続ける検察の全面戦争の様相を呈しているが、小沢氏とマスコミもまた熾烈な戦いを繰り広げている。

■異例の「一括返答」でまともに説明しなかった小沢氏

 陸山会事務所や大手ゼネコン「鹿島」本社などに強制捜査のメスが入った2010年1月13 日の翌日、新聞各紙は小沢氏関係先の一斉捜索を一面トップで大きく報じた。「最終戦争」(岸井成格・毎日新聞特別編集委員)という声もあるが、小沢氏とバトルを展開しているのはマスコミも同じだ。

 新聞やテレビは検察などの情報をもとに小沢氏にまつわる「カネの疑惑」を盛んに伝えるが、小沢氏は「大量の報道で国民に誤解を与えている」と批判する。象徴的だったのが、1月12日の定例会見だ。会見ではまず、日本テレビの女性記者が

  「東京地検の任意聴取を受ける考えがありますか? また(土地購入にあてたとされる)4億円の原資について説明していただけますか?」

と質問したが、小沢氏は

  「あとほかにありますか? それに関連したものであれば、先に言ってください。いっぺんに答えますから」

 と述べて、陸山会関連の質問を一度に受けてまとめて答える方法を取った。記者会見では一問一答方式が普通で、このような「一括返答」は異例だ。しかし報道陣からは特に異議が出ず、続けて7人が関連の質問をした。そのあいだ、小沢氏はムスッとした表情でうなずきながら聞いていたが、メモをとる仕草は一切見せなかった。

 最後にフリージャーナリストの安積明子さんが水谷建設からの献金疑惑報道についてたずねると、小沢氏は「じゃあ、それらの問題についてお答えします」と話し出した。だが、その内容は

  「捜査が継続中のため、個別のことについて申し上げることは差し控えるべきだろうと思っています」

という具体性に乏しいもので、日テレ記者や安積さんの質問にも答えてはいなかった。業を煮やした日テレの記者が「事情聴取に応じるつもりはないということか?」と再質問したが、小沢氏は「個別のことについて申し上げるのは差し控えたい」と同じ答えを繰り返すだけ。さらに記者がたずねたが、

  「ちゃんと指されてから言わなくちゃダメでしょう。ルールは守ってください。あなたも、日本テレビなら」

と逆に記者を非難したのだった。

■「特別、反論したり批判したりするつもりはありません」

 このような小沢氏の態度について、マスコミは新聞紙面などで反発。毎日新聞は1月13日の社説で、

  「なぜ、疑問に答えようとしないのか。これでは説明責任を放棄しているに等しく、国民の不信は広がるばかりだろう」

と厳しく批判した。質問したものの回答がもらえなかった安積さんも

  「もし本当にしっかり答えるつもりならばメモを取るはずだが、小沢氏はそうしなかった。最初から真面目に答えるつもりがなかったのではないか。結局、聞いているフリをしていただけ。ほかの記者たちも相当なフラストレーションを感じていたと思う」

と不満を口にした。

 このような「小沢批判」がある一方で、東京地検の正式発表がないまま、マスコミが「疑惑報道」を大々的に続けていることに対して、「検察リークによる情報操作ではないか」という見方もネットを中心に広がりつつある。

 その点について、フリージャーナリストの岩上安身さんは12日の小沢氏の会見で、

  「捜査当局の発表が何一つないうちから、リーク情報で一人の人間の容疑があるかのようにマスコミが報道していく。こうした検察とメディアのあり方をどうみているか」

と質問した。苦笑しながら応じた小沢氏の回答は、次のようなものだった。

  「私はもう二十数年、みなさんのご批判ばかり受けておりますので、それについて特別、反論したり批判したりするつもりはありません。人間ですからいろいろ言われて楽しいわけじゃないけれども、私は政治のなかにある立場ですので、そういうことも甘んじて受けなくてはいけないのかなあと思っております」


■関連記事
「どうして自民党にマスコミは甘いんだ」 小沢幹事長不満ぶちまける : 2009/12/21
日航株のマネーゲーム ネット取引で個人投資家参戦 : 2010/01/14
韓国コスメ続々日本上陸 実は「安くて品揃えが豊富」 : 2010/01/13

土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
「小沢辞任」叫ぶ男が取り押さえられる 民主党大会の会場近く(産経新聞)
ひったくり防止のバッグ 杉並区が作成(産経新聞)
首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)
[PR]
by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-21 00:48
 無許可でごみを収集運搬したとして、警視庁生活環境課などは廃棄物処理法違反の疑いで、不用品回収会社「はすみ」社長、蓮見進容疑者(61)=東京都板橋区板橋=と元従業員ら計8人を逮捕した。

 同課によると、同社は民間の収集業者の約72〜3倍にあたる高額料金を請求し、都にも多数の苦情が寄せられていた。平成20年7月以降、約3億5千万円を売り上げたとみられる。8人は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同年7月16日ごろから昨年4月20日ごろにかけ、市区町村長の許可を得ずに、同区の無職女性(67)方など計13カ所からベッドなどの一般廃棄物を計1130万円で収集し、同社の不用品回収センターなどに運搬したとしている。

 同課によると、同社は「不用品すぐ片付けます。見積もり無料」などと書かれたチラシで宣伝。依頼を受けると、見積もりを取らずに処分品をトラックに積み込み、高額な料金を請求していた。中には、依頼者に必要以上に話しかけて注意をそらしている間に荷物を運搬し、「もうキャンセルできない」などと支払いを迫るケースもあった。

 冷蔵庫などの処分を依頼して237万円を請求された男性(47)や、ピアノなどの処分で105万円を請求された男性(61)もいたという。

 同社をめぐっては、都が昨年8月に6カ月の一部業務禁止命令を出していた。

【関連記事】
粗大ごみ回収 「無料」のはずが高額請求
故人の遺品はゴミか否か 「お焚きあげ業者」書類送検
ごみ収集の有料化を見送り 和歌山市
ごみ収集車こそ無駄…分別34種類の「聖地」
ごみから1万円札150〜200枚 山梨のリサイクル工場

陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
<タクシー>事故防止へ室内カメラ…2千台に装備 北海道(毎日新聞)
レーザーポインターを無届け販売=輸入業者ら2人逮捕−大阪府警(時事通信)
<生物多様性年>「森は心のふるさと」C・W・ニコル氏講演(毎日新聞)
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用−厚労省(時事通信)
[PR]
by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-19 17:02