ベビーシッターって、実は意外と稼げるんです。


by 9w7wxw9sh6
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は19日も市議会への出席を拒否した。

 市議会は一般質問を26日に延期することを決め、約20分で散会した。

 市長の議会ボイコットは6回目。市長は読売新聞など一部マスコミによる議場内での撮影禁止を求めており、要求が受け入れられない限り、出席を拒否する、としている。

 一般質問は18、19日の2日間で、市議計11人が登壇する予定だった。19日は午前10時に開会したが、市長席をはじめ執行部席は空席。

 浜之上大成議長は「地方自治法で義務づけられている出席を拒み、無責任な態度をとり続ける市長は、議会だけでなく、傍聴者や市民に説明する必要性も考えていない」と述べ、休憩を宣言。議会運営委員会を開き、「市長が出席を拒んでいる以上、一般質問はできない」として散会を決めた。

 市議会は20日から休会し、26日の本会議で一般質問や新年度予算案の委員長報告、採決を行う。

 その後、市総合計画に対する審議に入り、4月19日に最終本会議を開く。

「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で−自民・舛添氏(時事通信)
<札幌ホーム火災>居間のストーブから洗濯物に引火か(毎日新聞)
狩野探幽の雲龍図と判明=京都・興正寺の掛け軸(時事通信)
B級グルメフェスタが岡山・津山で開幕 16県から54品目(産経新聞)
白バイと自転車が交差点で衝突=サイレン鳴らし緊急走行中−広島(時事通信)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-03-23 15:09
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-03-19 04:59
 【ワシントン=佐々木類】米政府は4月12、13の両日にワシントンで開かれる核安全保障サミットに出席する鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の首脳会談に向け、日程調整を進めている。しかし、会談が設定されても極めて短時間になり、懸案となっている普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる突っ込んだやりとりは見送られる見通しだ。

 これまでの調整の結果、首脳会談が行われることになれば、アジア・太平洋地域の平和と安定のため、日米外務・防衛当局間で協議されている同盟深化の重要性と、テロ対策における連携を確認する。だが、普天間飛行場の移設問題について大統領サイドは「国務省レベルで解決すべきであり、ホワイトハウスに持ち込むべきではない」(米政府関係者)との立場で、首脳会談の議題にはしないよう日本側に伝えている。

 会談時間は30分間とれるかどうか微妙だという。とれたとしても、通訳を入れれば実質的には15分間程度となるだけに、首脳会談というより「その他大勢」(日米関係筋)という表敬訪問並みの扱いとなる。

 核サミット議長国としてのオバマ大統領の狙いは、核テロの脅威を確認する文書をとりまとめ、各国首脳との2国間会談を通じ、核開発を進めるイランに対する制裁支持を取り付けることにある。

 このため、「インド洋での補給活動をやめ、金だけ出してテロとの戦いから人員を引き、海兵隊という“前線基地”を追い出そうとする鳩山政権に多くの時間を割いている暇はない」(日米関係筋)というのが本音とみられ、「会談をセットするのが精いっぱい」(別の関係筋)というのが実情だ。

【関連記事】
政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」
小沢氏、普天間移設「党はとやかく言わない」
南の島が危ない 陸自配備の兆しなし
普天間5月決着不能なら首相退陣を 自民・谷垣氏

公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過−鳩山首相(時事通信)
協議機関設置、議論入れず=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」(産経新聞)
「心神喪失」専門家でも分かれる判断 明確な基準必要(産経新聞)
<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-03-17 15:02
 前原誠司国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、報道各社の世論調査で内閣支持率が続落していることに関連し、「歴史的な使命感に立ってどう当事者の方が判断するかだ」と述べ、重ねて小沢一郎民主党幹事長の自発的辞任を求めた。
 また、民主党が主導する企業・団体献金禁止のための政治資金規正法改正に関しては「(衆院選で)約束していることなので必要だ」としながらも、「法律を厳しくすれば直るものではない」と指摘。法改正よりも政治家の倫理観の方が重要との認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-03-16 08:58
 山梨県議の政務調査費に関する公文書を情報公開するよう毎日新聞が請求したところ、議会事務局が請求内容と請求者名を当該県議に漏らしていたことが分かった。公文書の管理を担当する県私学文書課は「請求者名は県条例の個人情報に該当する。漏えいは問題」との見解を示し、議会事務局も「まずいことをしたと思う」と落ち度を認めている。

 毎日新聞が請求したのは県監査委員が2月19日付で出した県議3人の政務調査費に関する調査報告書の一部。3月8日に開示された。その際、議会事務局の担当者は「3人とも『新聞に名前が出るのか』と気にしている。記事を書く際は考慮していただけないか」と話したうえ、請求者が毎日新聞の記者であることや請求内容を開示前に3人へ伝えていたことを明かした。

 NPO「情報公開クリアリングハウス」(東京都)の三木由希子理事は「『県議の情報を請求すると県議に筒抜け』ということで、論外。請求者名が漏れれば請求者への圧力になり、制度の根幹を揺るがす」と指摘している。【春増翔太】

【関連ニュース】
函館政務調査費:住民側の請求一部棄却 最高裁
名古屋市議会:「市民ともっと対話を」…独自改革で公聴会
名古屋市議会:3選挙区を1人区に 市長が提案方針
東京都議会:元議員3人の政調費公開、領収書写しすべても
名古屋市議会:改革座長案まとまる 市長との衝突必至

無修正わいせつDVD、23億円売り上げ(読売新聞)
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円−総務省調査(時事通信)
<素顔の巨匠>手塚治虫、赤塚不二夫さんの長女 親交深い2人が対談 父の秘話語る(毎日新聞)
クロマグロの禁輸阻止へ全力=農水相(時事通信)
<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-03-11 15:21