ベビーシッターって、実は意外と稼げるんです。


by 9w7wxw9sh6
 神奈川県警瀬谷署は26日、鳥取県米子市西福原、無職山根早苗容疑者(50)を恐喝容疑で逮捕した。

 発表によると山根容疑者は2008年8月、インターネットサイトを通じて知り合い交際していた横浜市瀬谷区の男性会社員(40)から別れ話を切り出されて「妊娠した。出産には50万かかる。払わなければ親や職場に言いふらしてやる」などと脅し、08年10月〜12月の3回にわけて現金計30万円を自分の口座に振り込ませた疑い。

 妊娠がうそであることがわかり、男性が同署に被害届を出していた。

ハイチPKO派遣は350人規模 政府方針(産経新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣−振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上(産経新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-02-02 21:38
 塩野義製薬は1月27日、インフルエンザ治療薬ラピアクタ点滴用を発売した。中外製薬のタミフル、グラクソ・スミスクラインのリレンザに続く第三の治療薬となる。作用メカニズムは既存品と同様だが、1回の投与で十分な効果が臨床試験で示されているのが特長だ。3月末までに約70万人分を確保できる見込みという。

 塩野義製薬が米国バイオクリスト社から導入し、国内で開発した。厚生労働省から優先審査品目に指定され、昨年10月末の申請から約2か月半後の1月13日にスピード承認され、その9日後の22日に保険適用となった。

 成人の患者には1回投与、合併症などにより重症化の恐れがある患者には1回または複数回投与する。小児への適応についても既に臨床試験を終了しており、年度内に小児用量の追加申請を行う予定。

 薬価は、ラピアクタ点滴用バイアル150が3117円、同バッグ300が5792円。売り上げ見込みは今年度が9.9億円(予測投与患者数10.8万人)、ピークの10年度が40.6億円(67.4万人)。

 発売後の一定期間は、塩野義製薬が使用症例の全数を把握し、使用実態や安全性に関する情報の収集・提供を行う。


【関連記事】
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載
タミフル、患者の2割が「飲み残し」
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬
新規インフル治療薬が開発最終段階に―富山化学工業
中外製薬、タミフル1200万人分を供給へ

石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)
<訃報>神永房子さん86歳=神永晋・住友精密工業社長の母(毎日新聞)
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か(産経新聞)
<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-02-01 21:19
 文化財防火デーの26日、奈良県斑鳩町の法隆寺で防火訓練があった。地元の西和消防組合や同町消防団、同寺自衛消防団のメンバーら約100人が参加。消防車がサイレンを鳴らしながら境内に出動し、金堂や五重塔近くにある鏡池に向かって一斉に放水した。

 1949年1月26日、同寺金堂壁画の模写中に起きた失火で壁画が焼損。この火災をきっかけに文化財保護法が制定され、55年に文化財防火デーが定められた。

 訓練に先立って午前10時から法要があり、金堂や焼損した壁画が当時のまま保存されている収蔵庫で大野玄妙管長らが読経。貴重な文化財を守るため、防火への意識を新たにした。【花澤茂人】

【関連ニュース】
お身ぬぐい:2年ぶりサッパリと 法隆寺
消防訓練:「文化財守る」 加古川・鶴林寺で、国宝・本堂などに一斉放水 /兵庫
撮れたて!:法隆寺の「修正会」 静寂の懺悔 /奈良
修正会:昼夜絶えぬ祈り−−斑鳩・法隆寺 /奈良
世界遺産へ時間旅行:/29 日本(奈良) 法隆寺 607年

<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)
神戸・女性不明 知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
<松戸女子大生殺害>ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑(毎日新聞)
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
小沢氏、土地代4億円「自分の金」と説明か(読売新聞)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-31 01:36
 白石正三さん51歳(しらいし・しょうぞう=元プロテニス選手)19日、前立腺がんのため死去。葬儀は密葬で済ませた。後日、お別れの会を開く。

 大阪市出身。1980年代にデビスカップ代表として活躍。86年には全日本選手権シングルスで優勝。2002年の釜山アジア大会では、男子団体の日本代表監督を務め、金メダル獲得に貢献した。

九州新幹線 全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
<小沢幹事長>地検の事情聴取終わる(毎日新聞)
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
ジェムザールの乳がん適応追加を承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-29 17:09
 厚生労働省は20日、新型インフルエンザワクチンの優先接種対象以外の健康な19〜64歳への接種について、35都道府県が今月中からの開始を決めたと発表した。茨城▽埼玉▽東京▽山梨▽滋賀▽京都▽鳥取▽岡山▽広島▽福岡▽沖縄−−の11都府県では19日までに接種が始まっており、大阪、北海道など24道府県も今月中に始める。2月開始は8県、時期未定が4県。

 現在流通しているのは国産ワクチンで、厚労省が15日、優先接種対象の各グループへの接種がすべて始まっていることを前提に、健康成人への接種前倒しを認めていた。20日に正式承認された海外2社の輸入ワクチンは、2月上旬から医療機関への供給が始まる。

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種後に呼吸困難や血圧低下46件
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
プレパンデミック(大流行前)ワクチン

普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”(産経新聞)
<裁判員候補者>聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁(毎日新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要−公明政調会長(時事通信)
[PR]
# by 9w7wxw9sh6 | 2010-01-28 14:56